広告

ミナミヌマエビとドジョウは混泳できる?

ミナミヌマエビとドジョウは混泳できる?【4コマ漫画】

ミナミヌマエビは繁殖能力が高く、特別なにもしなくても勝手に増えていきます。

水草の苔も取ってくれるありがたい存在です。

ところで自然界を水槽で再現したいと思ったら、別の生き物もいれたくなることがありませんか?

例えばドジョウ。

同じ水槽の中で飼育することはできるのでしょうか?

ドジョウとミナミヌマエビは混泳可能?

基本的に混泳するときには大きさをそろえる必要があります。

ドジョウの大きさは10cm程度。

ミナミヌマエビは3cm程度なので、その大きさの差から食べられてしまわないか心配になります。それに加えてドジョウは雑食性です。

草も食べれば肉も食べます。

結論からいうと、ドジョウとミナミヌマエビを一緒の水槽で混泳しても大丈夫です。

ドジョウがミナミヌマエビを襲って食べることは「稀」です。

言い切れないのはドジョウにも性格があり、そして誤食する場合もあるため。基本的には混泳しても問題はないのですが、生き物の飼育なので100%人間が思うようにはいきません。

また、スーパーでたまに販売されている食用ドジョウがいますが辞めておいたほうがいいです。種類によってはミナミヌマエビを襲って食べる確率が高く、食用なのでまともな飼育はされていない可能性があります。

餌も少なく雑な環境で育てられたドジョウは、空腹とストレスから気性が荒くなっている可能性があるのです。メダカも一緒に混泳している場合には、そのメダカまで襲って食べてしまう恐れも。

ペットショップのドジョウは飼育用に育てられているので餌も定期的にあげています。

また、ミナミヌマエビとドジョウは同じ低層に住む同士なので問題がありそうですが、逃げていくのはミナミヌマエビです。喧嘩をすることはないでしょう。そしてミナミヌマエビは餌を手にもって立体的な動きができます。

そもそもミナミヌマエビは中層・上層でも生活ができるため、他の種と共存しやすい特徴があります。ゆとりのある環境ならうまくいくでしょう。

隠れる場所を用意する

念のため隠れ家は用意しておくと安心です。

水草や石、流木などを水槽にいれて隠れ家をたくさん用意しておげるとミナミヌマエビの繁殖率も高まります。

もちろん自由に泳げるスペースも十分確保しなければいけないため、バランスが大切です。

仮にドジョウがミナミヌマエビを食べてしまったとしても、ミナミヌマエビの繁殖能力は高いので絶滅することはほぼ見られません。

ドジョウの種類に気を付ける

ドジョウには種類がいます。

ホトケドジョウは、雑食性のドジョウの中でも肉食が強く、とくにエビは大好物。ミナミヌマエビを食べてしまう個体が多いため避けておいたほうが無難な種類です。

アジメドジョウは、冷水や非常にクリアな水質を好むため育てること自体が難しい種類です。ミナミヌマエビが寒さで逆に生きていくのが難しくなります。

飼育しやすいドジョウは「マドジョウ」や「シマドジョウ」あたりでしょうか。

まとめ

どうしても心配な場合には、ミナミヌマエビを別の容器や水槽に数匹いれておきます。その容器でミナミヌマエビが勝手に繁殖するため絶滅を防ぐことができます。

混泳している水槽は、ドジョウに餌をしっかりとあげることが大切です。

自然界の生き物は生きるために他の生き物を襲って食べます。そもそも餌がそこにあれば余計なエネルギーを使って襲う必要がありません。ただ、金魚みたいになんでもかんでも口に入るものはとりあえず食べる生き物もいますが…

-アクアリウム